カラコンの変化

何年も前はカラコンと聞くと、目を真っ赤や真っ青に見せるコンタクトレンズで、今でいうコスプレ作品の一つだったので、誰もが付けるものではありませんでした。

ところが、今ではカラコンはオシャレの一部で、若い女性を中心に多くの人に利用されています。

・日本におけるカラコンの歴史

日本では1990年代からカラコンが流行りだし、ヴィジュアル系のバンドがカラコンを付けていたことで、急速に普及したようですが、初期のカラコンは雑貨店で売られていたようです。

しかし、今ではファッションやメイクを助けるものとして利用されていたり、度が入っているカラコンも市販されています。

◆このショップでCheck!=>クイーンアイズ

・時代と値段の変異

カラコンが流行りだした当時は、1万円くらいしていた値段も、最近では3000円から4000円まで下がって、誰でも買いやすい価格になりました。

最近のカラコンはソフトレンズなので、使い捨て商品だと割り切って付けることができます。

・時代の変化とカラコンの需要

カラコンが流行りだした当時、みんなカラコンに対する知識が乏しかったので眼疾患の人が急増してしまい、2008年に薬事法が改正されて、カラコンは普通のコンタクトレンズと同じように医療機器に分類されるようになりました。

さらに、カラコンを販売する人にも都道府県知事の販売業の許可が必要になりました。

そして、カラコンを使いたい人は日々増えているので、その色や形、大きさが絶えず変化して、多くの人を魅了しています。