結婚指輪のハワイアンジュエリーを選ぶポイント

結婚指輪のハワイアンジュエリーを選ぶ時は、モチーフの意味を知っておくと、気持ちを込める事ができます。

・モチーフの意味

結婚指輪にハワイアンジュエリーを選ぶのも人気ですが、モチーフによって意味が変わってきます。

ハイビスカスは、ハワイでは神に捧げる花ですが、花言葉には、新しい恋や信頼という意味があります。

ウミガメは神聖な生き物として大切にされていますが、危険から身を守ってくれるという意味があります。

ドルフィンは幸運を呼ぶ使者、鯨の尻尾は幸運の象徴として、ハワイアンジュエリーのモチーフにもよく使われています。

・結婚指輪にふさわしいモチーフ

マイレというレイに使う植物には、平和や縁結びという意味があるので、ハワイアンジュエリーのデザインにもよく使われています。

新郎新婦の手をマレイのレイが繋ぎ、神聖な結びつきを表すとして、結婚指輪のデザインにもピッタリです。

ハワイアンキルトにも使われるモンステラは、深い関係という意味があります。

波が巻くようなスクロールと呼ばれるモチーフは、永遠に途切れない愛を意味しているので、結婚指輪にもピッタリです。

おすすめリンク≫
ハワイアンジュエリーに込められた素敵すぎる意味♡結婚指輪やプレゼントにおすすめ

・まとめ

ハワイアンジュエリーのデザインによく使われる、カレイキニというモチーフは、高貴な波を表していて、カラカウア王にだけ使用が許されていたデザインでした。

現在はハワイアンジュエリーの代表的なデザインとして、結婚指輪やバングルにも使われています。

ハワイアンジュエリーは、モチーフに気持ちを込める事ができるのも魅力です。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.