投稿日:

遺品整理のあとは部屋をきれいに

遺品整理をした後の部屋に遺族がお住まいになることもあるでしょう。

新しく入居することが決まっている賃貸住宅の場合は家主に引き渡さなければなりません。

どうしても長年の汚れを落とし、必要に応じリフォームが必要ですし、原状復帰をしなければなりません。

そんな場合、業者を探して位置からリフォームをするとなると遺品整理からさらに時間がかかります。

今回は遺品整理後のリフォームやハウスクリーニングについてご紹介します。

◇遺品整理業者のリフォームやハウスクリーニングサービスを活用しよう!

特に汚れがたまりやすい台所・トイレ・バスルームの水廻りや居室・廊下・階段などの室内や庭などの屋外も対応してもらうと助かります。

遺族だけでは手が回らない一軒家の場合は遺品整理業者に任せるといいですね。

本格的な掃除をしてくれますから、まるでリフォームした感じになります。

エアコンや換気扇など目に見えない部分も丁寧に掃除してくれます。

女性スタッフを指定したりもできます。

お部屋をぴっかぴかにしてくれて磨き上げてくれるでしょう。

汚れがあまりにも酷い場合は別ですが、一般的には部屋数で見積もってくれる場合が多いですね。

◇箇所毎のポイント

「台所」は水廻りでも食べかす・水・脂などいろいろな汚れがたまっています。

「お庭」はちょっとでも放置していると雑草が伸びています。

手入れをするのは案外と手間も時間もかかります。

「エアコン」は高い場所にありますから、掃除も簡単ではないです。

エアコンフィルターの掃除も代行してもらいましょう。