投稿日:

遺品整理によって権利書が見つかる場合も

遺族が故人が残した遺品の分別作業ができない場合は専門家に任せる方法もあり、人気があります。

女性スタッフを指定することもできますので、丁寧な作業が期待できます。

今回は遺品整理で権利書が見つかった場合と見つからない場合についてまとめておきましょう。

◇遺品整理で権利書が見つかった場合

相続する予定の土地や住宅がある場合は、遺品整理業者に相談しておくといいでしょう。

不動産を売却したりリフォームして賃貸住宅にしたりする場合もあります。

完全に解体してコインパーキングにすることもあります。

不動産の特性や土地の特性もあります。

さまざまな活用方法を大手の遺品整理業者の場合は対応してくれます。

遺族にとって最も良い方法で不動産活用ができるようにアドバイスしてくれます。

売却する場合もいろいろな手続きをサポートしてくれます。

権利書が見つかっても名義の書き換えが必要になることもあります。

◇権利書が見つからない場合は?

もしかして遺族の誰かが持っていることもありますね。

どうしても見つからない場合は法的処置が必要ですから、法律専門家に相談することが一番です。

権利書は再発行できません。

しかし、権利書がなくても売却したり名義変更の手続きをしたりは可能です。

その場合は司法書士が作成する書類が別途必要になります。

そういった専門家の紹介も遺品整理業者がアドバイスしてくれたら安心できますよね。

いろいろな対応ができる遺品整理業者を選ぶとメリットが多いのです。

※相続等の手続きをスムーズにするための準備とは…参考ページ>>https://news.mynavi.jp/article/20180410-614303/